保障金額を考える

生命保険に加入する場合、いったいどれくらいの保険に加入すれば良いのでしょうか。生命保険は名の通り、亡くなったときに受取人に渡るものです。あなたが病気や不慮の事故で亡くなってしまった場合、家族にどれくらいの保険金を残しますか?これは、それぞれの状況によって異なります。

まだ小さな子供がいたり、家族を収入面で支えなくてはならない場合は、子供が自立するまでに必要な資金や生活費を計算して加入します。あと何年、金銭的な支えが必要か、あるいは残される配偶者は、仕事に出ることができるのか、考えるべきことはたくさんあります。しかし、急な事故に遭ってから考えてももう遅いのが生命保険です。

そして、実際の「金額」も大切ですが、「愛情」としてかたちに残せるのも生命保険のメリットです。日ごろは当たり前のように存在する家族が突然いなくなる、その悲しみは計り知れません。事故や災害は自分ではコトロールできませんし、誰が巻き込まれるかはわかりません。だからこそ、もし保険金が残されたら、家族は生活の立て直しをして、あなたの不在を前向きに埋める原動力となるのです。入るべき保証金額に迷ったら、残される家族のことを思い、適切な金額を設定しましょう。